自由世界の独裁者

掌は返すもの

仕事でタスク管理とかする必要のない人にこそAny.DOがオススメ

仕事には使わないけれど・・・

仕事でtodo管理だとかGTDを特に必要としていない人もいるでしょう。
僕も会社の仕事では今のところ必要な部署にいない。基本が当日仕事なので。
だけど私生活では結構todo管理アプリを活用している。
その中でも、Any.DOをオススメしたい。

Any.DO To-do list

Any.DO To-do list

  • Any.DO
  • 仕事効率化
  • 無料

 

何に使うのか?

タスク管理が必要ないなら何に使っているのか。それは「日々のルーチンワーク管理」だ。
僕はそれに加えてやりたいこと、買いたいものをメモしておくのにも使ったりする。
それだけ? と思われるかもしれない。しかし、日常のやることを頭から追い出すことは清々しい。あの忌々しいゴミ捨てを忘れることもない。
何かを新しく習慣にしたい場合も、ルーチンに組み込めばいい。その日・その週・いつか「やるべきこと」と「やりたいこと」を可視化できる。
他にも色々とアプリや方法はあるのに、何でAny.DOなのか?
その理由は3つある。

Any.doをオススメする3つのポイント

①何より無料

これが1番大きな理由。
todo管理アプリもかなりの種類があって、有料のものが少なくない。
仕事で使うわけでもないし、多くの機能を求めていない僕には無料はありがたかった。

 ②シンプルなインターフェイス

f:id:mizssy07:20140605082208j:plain

今日、明日、近日中、いつかといった感じで分かれている画面はとてもシンプル。
仕事の納期管理じゃなく、プライベートの用事を管理するならそんなに分類や残り時間・進捗率は必要ない。一見不自由そうなUIだが、やること・やりたいことをメモするのに複雑なパラメータは邪魔にもなる。
 

③適度なリマインダー

リマインダーアプリを使うと、「早くやれ!」と言わんばかりに完了していないタスクを通知してくる。
これは正直うざったい。
あと、仕事の関係で生活時間が不規則な人などは「時間を決めて特定の行為を行う」という事がほぼ不可能に近い。
僕は不規則よりの人間なので、時間を決めていないタスクをロック画面に表示するだけにして欲しい。もしくは時間になっても激しく通知しないでほしい。
その点で、Any.DOは少なくとも僕にとっては適度にタスクを通知してくれるリマインダーなのだ。
 

僕は使ってないけど、便利な機能

  • アカウント同期でPC・タブレットとtodoの共有が出来る
  • メールでタスク設定が出来る
  • Androidで使う場合は電話機能が充実してるらしい

参考記事↓

なぜ「Any.DO」はズボラな私でも使えてしまうのか? – すまほん!!

できることはToDo管理だけじゃない! 「Any.DO」の超便利な裏ワザ機能6選 : ライフハッカー[日本版]

目的があるから使える

todo管理アプリは他にもtodoistなども使ってみたが、今のところAny.DOが一番使いやすいように感じる。

機能が充実しているというのは、必ずしも良いことではないのだ。
その機能を必要としていない場合は、邪魔にもなる。アプリの速度だったり、操作性に影響が出るわけだし。
日々のルーチンワークを管理+ちょっとしたメモ感覚で使うなら、必要最小限の機能を素早く提供してくれるAny.DOをオススメします。 

Any.DO To-do list

Any.DO To-do list

  • Any.DO
  • 仕事効率化
  • 無料