自由世界の独裁者

掌は返すもの

マネキン買いのススメ

はじめに

我ら素材が悪い系男子にとって、見た目を取りつくろう事は結構重要なもの。
今のところ僕にとって分かりやすく、かつ効果が見られた服の買い方を記しておく。
なお、「服を買いに行く服が無い」場合を想定しているので、オシャレ番長の皆さんはアドバイスでもして、どうぞ。 

まずはマネキンを見る

服を買いに行く服が無い状態の人はこれから始まる。
服を見て回るのにもいちいち店の中に入ってあれこれ見ていたら、いくら時間があっても足りない。そもそも良し悪しを判断する経験が少なすぎる。
マネキンを見るだけなら、店の前に出ているものだけでも結構あるし、店の中に入っても短時間で脱出が可能。
店員が考えたコーディネートをしているマネキンを見たらその店の置いている服の傾向も分かるし、それが自分のイメージに合っているかもすぐにわかる。
ここで注意するのは「靴まで考えているか」だと思う。
靴はとても重要なので、そこまで考えられていないお店はあんまり信用出来ない。ただ靴を全然置いていない店だと仕方ないことなので、その辺は中に入ってから判断する。

いい感じのマネキンがあったら同じものを探す

店員に声を掛けるのが嫌な人は、店の中に入ってマネキンが着ている服を探す。
店員と話すのに抵抗が無いなら普通に聞けばいい。これで自分の予算と照らし合わせることができる。
ここで買おうと思えるなら、絶対に試着はすること。試着せずに買うと金をドブに捨てる確率が跳ね上がる。
どんないい服だろうと、サイズが合っていないだけでダサくなる。いいと思ってもサイズが合わないのなら断念するべき。

自分に合ったサイズのものを、マネキンそっくりそのまま買う

試着をしてサイズが合うなら、上着から靴まで、マネキンが着ているものをまるごと真似して買う。
こうすれば少なくとも店員(オシャレ上級者・・・だと思いたい)が考えたコーディネートをそのまま身につけることが可能。
オシャレに興味が無いなら考えて貰えばいいじゃないか。餅は餅屋。わざわざ興味のないことに時間を割くのも良くない。

アクセサリーは付けない

アクセサリーはなんか難しいので付けない。
女性は小物で変化を付けて云々と言われるが、男は別に必要ない。
変なものを付けてると印象が悪くなるし、無くてもシンプルな装いとしてはベターな選択だろう。

通販は使わない

自分の体のサイズも分かっていないのに、体にフィットした服が買えるわけない。
初心者にとって服の通販はハードルが高すぎる。やめたほうが身のため。
お気に入りのブランドができて、そこの服のサイズ感が分かってから使う場合はいいかもしれないが。

迷ったら買うな

これは買い物の基本だが、あまり気乗りしないのであれば買うべきではない。
「せっかく来たんだし」という理由で買うのは止めよう。
店員のセールストークも適当に相槌を打って、「ありがとうございます。それじゃ・・・」的に出ていけばいい。
とにかく数を見て、気に入った物を買おう。

本を読んで基本を学ぶ

大人のための私服の教科書

大人のための私服の教科書

  • 作者: 久保田卓也
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2013/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

今日から使える大人の男のオシャレ塾―男性ファッションの「そもそもどうしたらいいのか?」がわかる

今日から使える大人の男のオシャレ塾―男性ファッションの「そもそもどうしたらいいのか?」がわかる

  • 作者: Hankyu Men's
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 大型本
  • 購入: 2人 クリック: 20回
 

この2冊はマジで役にたった。服に関する知識が無いと自覚している人は一読の価値あり。 特に『大人のための私服の教科書』にあった、各アイテムのランク付けは何を選ぶべきか、避けるべきかの参考になる。ブランドのイメージ度の表は買う店を選ぶときに役立った。
『今日から使える大人の男のオシャレ塾』は、写真の多さがいい。イメージをつかみやすかった。いわゆるカッチリ・キレイ目というのがどういった格好なのか分かる。