自由世界の独裁者

掌は返すもの

もしかしてモテないのは臭いのせいかもよ?

どうもみずしー(@mizssy07)です。

脱喪のプライオリティー - 自由世界の独裁者

体臭に関して触れておきたかったので、別枠で記事を作成しました。

 

女性は匂いに敏感です。
女の子にとっては、男を評価する際にイケメンかどうかなんかよりよっぽど重要な要素です。(一部には顔さえ良ければ後はなんでもいい子がいますが、それは割愛)
「生理的に無理」と言われる男は、ほぼ100%清潔感が無い。この清潔感というのは、臭いも含まれます。
なので、女の子にとって一番大事な評価基準である「清潔感」を手に入れるため、特に臭いに絞ったお話をします。

f:id:mizssy07:20100221175316j:plain

 

清潔は風呂から始まる

まずは毎日お風呂に入りましょう。カラスの行水ではなく、ちゃんと体・髪・顔と各場所を洗うこと。シャワーで軽く流しただけではダメですよ。
お風呂では特に足をしっかりと洗いましょう
足の臭いの原因の大半はお風呂で予防可能と言っても過言では無いでしょう。
角質・爪垢がほとんど臭いの原因みたいです。

119 ツメブラシ(2WAY)

119 ツメブラシ(2WAY)

 

 

 

気になるワキの対策

ワキは汗ジミ、臭いとも気になる非常にデリケートなポイントですね。
先に言っておきますが、程度の酷いワキガは保険適用対象です。もしワキガの人がいたら、まず検診してください。場合によっては保険を利用した手術を受けることが出来ます。
「汗を抑える」「臭いを抑える」の2つともを両立するのは結構大変なものです。
僕個人は、汗の多くなる夏には塗るタイプの制汗剤、あまり汗をかかなくなる冬には、スプレータイプの制汗剤を使っています。
塗るタイプを使ったことない人は一度使ってみてください。抑えられる量が段違いです。

 

デオナチュレ男ソフトストーンW 20G

デオナチュレ男ソフトストーンW 20G

 

 

通年使っている、ラヴィリンはとてもオススメです。
これは出かける前に付けるものではなく、事前に臭いの元を断つタイプのもの。
まず使うのが楽。塗って寝るだけでいい。
次に効果持続期間。だいたい一週間は効果が実感できる。つまり週イチで使えばいいわけです。
そしてワキだけでなく、足に塗っても効果アリ。ワキ用足用とありますが、僕は違いが感じられませんでした。

薬用ラヴィリン フォーアンダーアーム(ワキ用)

薬用ラヴィリン フォーアンダーアーム(ワキ用)

 

 

靴を脱ぐまで分からない足の対策

足は日中ずっと靴を履いている人にとってはすごく気になる部位ですよね。
先述した通り、お風呂で原因の多くは断つことができます。また、ラヴィリンでも結構臭いを抑えることが可能です。
残りは「足の汗を抑える」「足の臭いを抑える」「靴自体の臭いを抑える」ことでしょう。

デオナチュレ男足指さらさらクリーム 30G

デオナチュレ男足指さらさらクリーム 30G

 

 

グランズレメディ 50g

グランズレメディ 50g

 

この2つは、僕自身が使って効果が大きいと感じたもの。
特にグランズレメディ重曹やコーヒー、消臭スプレーと色々試しましたが、こいつが一番。欠点は白い粉を靴の中に撒き散らすので、直後に黒い靴下を履くと粉がつくことくらい。(掃除したら付かない)
足指さらさらクリームは発汗をすごく抑えてくれます。ただ、個人的にはヌルヌル感が強くて苦手。最近は慣れてきましたけど。

香りは統一しよう

基本的に香りを抑えるものに関しては、無香料で揃える事をおすすめします
香りを統一することはとても重要です。
色々な香りのものを使っていると、香りが混ざり合って悪臭になることもしばしば。
臭いに気を使って逆に嫌な香りを漂わせるのは本末転倒です。
どうしても臭いのあるものを使いたい場合は、同じブランドの同じシリーズを使うと、事故らずに済みます。
プラウドメンは展開する商品も多く、香りも良いのでおすすめです。

プラウドメン PROUDMEN.スーツリフレッシャー200mL(グルーミング・シトラスの香り)

プラウドメン PROUDMEN.スーツリフレッシャー200mL(グルーミング・シトラスの香り)

 

 

プラウドメン PROUDMEN.グルーミングシート(グルーミング・シトラスの香り)

プラウドメン PROUDMEN.グルーミングシート(グルーミング・シトラスの香り)

 

 

プラウドメン PROUDMEN.フットリフレッシャー50mL(グルーミング・シトラスの香り)

プラウドメン PROUDMEN.フットリフレッシャー50mL(グルーミング・シトラスの香り)

 

あと、重ね重ねになりますが、香水は付けないようにしましょう。

 

まとめ

  • 毎日風呂に入る。特に足を入念に洗う。
  • ニオイ対策は基本無香料。匂い付きのものはブランドを統一する。
  • 香水は付けない。